髭のデザイン脱毛で思える痛み

髭は分厚く色のねちっこい毛が手広くある部位のため、フラッシュやレーザーのような選択光を使用したデザイン脱毛による方法は大きい効果が得られます。照射した光は基本的にメラニン色素に反応するので高熱を掛かる作用が硬いのが理由です。記したい髭の部位はシールなどで保護行う。捉え方は個人差がありますが、基本的に出力レベルを上げるほど反応はよくなるものの痛みも強くなり、医療機関で処理をやる場合、希望すれば麻酔の仕様も可能ですが現在ではましインそのものの性能もあがり、冷却装置の発達などでまったく改善されています。一瞬激しくはじかれるような感触が行う。いったん処理すれば何年も効果は持続するので長期的にみれば肌への負荷は軽くてすみます。また肌の色などは原因で光による処理が不可能な場合、ニードル法による電気針で1本ずつ永久脱毛することもできます。こちらはずいぶん痛みが凄まじく麻酔は必須ですが、再生する事は絶対にありません。

カテゴリー: